趣向を変えた手仕事展

最終更新: 2月17日


春を感じさせる暖かさとなった土曜日、久しぶりに保護者の皆様を園内にお迎えして第41回「親と子の手仕事展」を開催いたしました。

開催にあたり、人数の制限、時間帯の分散、また直前2週間の健康観察や当日の検温等、保護者の皆様にはコロナ対策へのご協力いただきました。

外部講師の皆様や地域の皆様、バンビーニが日頃お世話になっている皆様にも今年は来園をご遠慮いただき大変心苦しい思いもありましたが、この場をお借りし皆様にもご覧いただけたら嬉しく思います。

来年の手仕事展では、多くの皆様に来園していただき、今年できなかったワークショップや作って遊ぼうコーナー、温かい甘酒もお出ししたりして、ゆっくりのんびり過ごして頂ける手仕事展が開催できることを心から願います。

入口でお迎えするのは、親と子の心のキャッチボール「親守詩」。心が温かくなる作品ばかりです。

0~2歳児クラスの作品展示です。

お子様と一緒に手をつなぎ、ゆっくりと作品をご覧になっていました。園での生活の様子や、制作の様子を想像したりと、ひとつひとつの作品から想像していただけたら幸いです。









3~5歳児クラスの作品展示です。

よりダイナミックな作品や細かい手作業の作品が並びます。それぞれの興味関心に合わせ、幅広いジャンルに広がります。










家族の共同制作、世界に一つだけのオリジナルティッシュボックスです。

今お子さんが大好きな物や、家族の思い出や成長の記録など、オリジナリティ溢れる作品が並びました。ティッシュボックスの制作は、今年も宮城県女川町の#コミュニティスペースうみねこ の皆さんです。

ほしの子クラブ(学童)の展示です。

バンビーニフェスタで行う予定だった演目を動画撮影し、自分達で編集まで行い作品としてこの機会に皆さんにお見せすることができました。コロナ禍だから出来たこと、新しいチャレンジにもなりました。制作の様子等については、インスタグラムでUPされていますので、ぜひ合わせてご覧下さい。

※その他の事業→学童→インスタのマークからサイトにとぶことができます